シナリオプランニング活用講座【実践編】

不確実性を機会に変えるための実践法 | 講師: 新井 宏征
  • 45 ビデオ
  • 1 PDF
  • 2.0 hr

コー​​スカリキュラム

4. 振り返り
03:06
コンテンツを非表示

コー​​ス内容

組織や個人を取り巻く環境がますます不確実になってきている中で、組織や個人の未来のことを考えるのは難しいと思ったことはありませんか?

未来予測などについての書籍を読んでみても、そこで得た知識を自分や自社と将来とどうつなげていったら良いか悩んだことはありませんか?

現在のような不確実な時代は、私たちが想像もしなかったようなことが起こり得る時代です。そのような時代、過去の経験だけで生き残っていくことはますます難しくなってきています。

そのため、自分たちにとって考える意義がある未来の可能性を検討し、そのような未来に向けて、今からどんな準備をしていけば良いのかを考え、実際に行動していくことが欠かせません。

そのためのツールが、この講座でご紹介するシナリオプランニングです。

シナリオプランニングは、外部環境の不確実な変化の可能性を考えるための手法です。シナリオプランニングを活用して不確実な環境変化の可能性を考えた上で、未来に起こり得る変化への備えを検討することにより、不確実な未来に対処するためのヒントを得ることができます。

この「シナリオプランニング活用講座 実践編」では、シナリオプランニングの基本的な理解を元にして、実際にシナリオを作成し、作成したシナリオを元に対応策(戦略オプション)を検討するまでの一連の流れをひとつずつ解説します。

このコースを受講することで、シナリオプランニングを実践するための各ステップをどのように進めていけば良いのかを具体的に理解することができます。

さらに各ステップを実践するためのワークシートもダウンロードすることができますので、パソコン上で、あるいはプリントアウトしてお手元で、すぐにシナリオプランニングの実践を始めることができます。

それでは、コースの中でお目にかかりましょう。

続きを読む

講師

新井 宏征
新井 宏征
株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役

株式会社スタイリッシュ・アイデア 代表取締役
一般社団法人シナリオプランナー協会 代表理事

東京外国語大学大学院修後、SAPジャパン、情報通信総合研究所(NTTグループ)を経て、現在はシナリオプランニングやプロダクトマネジメントの考え方を応用し、事業と組織の両面からクライアントの変革を支援するコンサルティング活動に従事。


Saïd Business School Oxford Scenarios Programmeにおいて、世界におけるシナリオプランニング指導の第一人者であるRafael Ramirezや、Shell Internationalでシナリオプランニングを推進してきたKees van der HeijdenやCho-Oon Khongらにシナリオプランニングの指導を受ける。その内容を理論的な基礎としながら、日本の組織文化や慣習にあわせた実践的なシナリオプランニング活用支援を行っている。

資格として、英検1級、TOEIC 990点、PMP、SAP関連資格などを保有している。

訳書に『プロダクトマネジャーの教科書』、『成功するイノベーションは何が違うのか?』、『90日変革モデル』、『世界のエグゼクティブが学ぶ 誰もがリーダーになれる特別授業』、(すべて翔泳社)など、主な著書に『世界のインダストリアルIoT最新動向2016』、『スマートハウス/コネクテッドホームビジネスの最新動向2015』(インプレス)などがある。

コースに関するお問い合わせは support@stylishidea.co.jp までご連絡ください。